部門紹介

リハビリテーション部

リハビリテーション部のご案内

小嶋病院リハビリテーション部では、医療保険での外来患者さま・入院患者さまのリハビリテーションを行っております。病気の発症やその治療のために生じた機能障害、能力障害(移動・身の周りの動作・コミュニケーションなど)に対して、失われた機能の回復と能力の改善を目指します。外来患者さまのリハビリテーションは、外来診察で来院された患者さまの機能回復を行い、入院患者さまのリハビリテーションでは、入院後早期に多職種(医師、看護師、リハビリテーションスタッフ)と患者さまやご家族さま、地域連携担当者などが集まって、患者さまの入院経緯・現状・今後等について話し合い、リスク管理の下、失われた機能の回復と能力の改善を促し、残された機能・能力を最大限に活かし、患者さまが次のステップ(在宅復帰や社会復帰)へ円滑に移行できるようリハビリテーションを提供しています。

治療や支援の内容については、リハビリテーションスタッフが患者さまひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

  • 理学療法室
  • 作業療法室
  • 言語聴覚室

理学療法

理学療法(PT)では、ケガや病気などで身体に障害のある人に対して、基本的動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復を目的に運動療法を用いて、自立した日常生活が送れるよう支援していきます。

  • 運動療法
  • 基本的動作訓練
  • 物理療法

理学療法はこのように様々な運動療法手段、物理療法を使用し、麻痺した手足の機能回復、筋力増強、関節可動域の改善などを行っていきます。また、治療と並行し、早い段階から離床を促して基本的動作の獲得と社会復帰を目指します。

作業療法

作業療法(OT)では、日常生活に支障をきたした患者さまに評価・訓練・指導を行い、安心して日常生活を送ることができるように支援しています。患者さま、ご家族さまの方と十分話し合い、その人に合わせたプログラムを提供致します。

日常生活動作訓練

退院に向けた日常生活動作を症状や状態に合わせて評価・訓練・指導を行っていきます。必要に応じて福祉用具等も活用し、社会復帰に向けてサポートしていきます。

  • 食事・トイレ・着替え・入浴等
  • 家事・仕事・買い物等

上肢機能訓練

上肢(肩・肘・手首・指先)の大きな動きから細かい動きまで、症状や状態に合わせた治療を行います。

作業活動

治療・訓練の手段として作業活動(季節の行事に合わせた作品作り、塗り絵、折り紙、書道等)を取り入れて行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法(ST)では、脳卒中や頭部外傷、神経疾患などが原因で起こる失語症や構音障害、嚥下障害に対して評価・訓練を行います。また、高齢に伴う嚥下障害や認知症に対する訓練も積極的に実施しています。

  • 失語症

    失語症は脳卒中などの原因で、脳の言語中枢が損傷されることによって会話や文字を書くことが苦手になります。言語機能の回復だけではなく、ジェスチャーなどを用いたコミュニケーション能力を高める訓練を行います。

  • 構音障害

    口や舌の麻痺が原因で、話すのが苦手になります。筋力トレーニングやゆっくり話す訓練を行います。

  • 嚥下障害

    嚥下障害は脳卒中が原因で口や舌、のどが麻痺することで起こります。また高齢による能力の低下も大きな原因のひとつです。
    当院ではレントゲンを用いた嚥下造影検査(VF 検査)にて症状を評価し、より安全な食物の選択や、食べる時の姿勢を調整します。また、どの動きを鍛えたり、首の筋肉を柔らかくする訓練などを行います。

  • 認知症(高次脳機能障害)

    認知症の疑いがある患者さまへの検査や、注意力や記憶力を保つための訓練を行います。またご家族さまへの助言を行い、生活をサポートします。

在宅復帰に向けての取り組み

リハビリテーション計画会議

入院後早期に多職種(医師、看護師、リハビリテーションスタッフ)と患者さまやご家族さま、地域連携担当者などが集まって、患者さまの入院経緯・現状・今後等について話し合い、必要に応じ、退院前にご家族さまやケアマネージャーに連絡を取り、担当者会議を行います。